手根管症候群
2012/02/14

 ご無沙汰をしております。毎日寒い日が続きますが、お元気でしょうか?実は私は「手根管症候群」という病気で手術を受けました。手術と言っても手術時間15分くらいの日帰りのものですが、右手の手のひらを切開しましたので、10日ほど不便な日々でした。
発症は2年くらい前からで、朝方手がしびれて目が覚めるという状況でした。近所の整形外科で診てもらったら頚椎のヘルニアからかなぁと言われ、治療が大変やなぁと思い悩んでいましたが、ここ1年くらい前からそのしびれ方が痛みを伴うものになり、昼間もしびれっぱなしに近い症状になってしまいました。総合病院の整形外科へ行きMRIを撮ってみたら、確かにヘルニアの症状もあるが、この状況ではそんな痛みが出るはずがないと診断され、手のひらにある手根管という神経管に圧迫がみられることが判明し、靭帯を切って圧迫を開放する手術することになりました。手術というと少し躊躇しましたが、その日から夜間の痛みはなくなり、ぐっすり眠れるようになりましたので思い切って受けてよかったです。1ヵ月くらいで重いものを持つことが許されるみたいですので、もう少し静養しながら回復を待ちたいと思います。